2012年7月

棟換気

投稿者: マツナミ

120731-泉佐野.JPG
『泉佐野の住宅』では屋根の工事が終わり換気用の棟がついています。
ここから外壁と屋根の通気層にたまった暖かい空気が排出されます
そして、土台付近から冷たい空気を取り入れることで建物の温度上昇を押えています。

[関連するエントリー]
泉佐野の住宅

ダイビング 10回目

投稿者: マツナミ

120730-ダイビング.JPG
先週末 串本までダイビングに行ってきました。 
今回見つけたのはコレ↑↑↑ エソがカサゴを丸呑みww

[DATA]
ダイブNo.26: 串本 備前        潜水時間 0:45
ダイブNo.27: 串本 サンビラ      潜水時間 0:46
ダイブNo.28: 串本 吉右衛門      潜水時間 0:55
ダイブNo.29: 串本 グラスワールド  潜水時間 0:51  トータル 19:16

今回のショップさんは南紀シーマンズクラブさんにお願いしました。

[関連するエントリー]
ダイビング

第4回 住まい暮らしクラフト展

投稿者: マツナミ

「第4回 住まい暮らしクラフト展」を8月25日(土)と26日(日)の2日間
今回は会場が変わって富士工業グループ大阪ショールームで開催します。

ワークショップは 箸づくりとクルミボタンの箸袋づくり。 
お箸には楽器にも使われるローズウッドを用意しました!!
夏休みの宿題に是非。

暮らしカフェではカキ氷片手に前回から始めた作品発表会をお楽しみください。

今回も新たな建築家と作家さんが登場します。

20120723-住まい暮らしクラフト展.jpg
イベントチラシはコチラ → 第4回住まい暮らしクラフト展.pdf

[関連するエントリー]
住まい暮らしクラフト展

光化門

投稿者: マツナミ

120721-景福宮.jpg

えんとつ

投稿者: マツナミ

『泉佐野の住宅』には薪ストーブがあります。
先日 煙突が設置されたので、さっそく確認に行ってきました。

120720-泉佐野_1.JPG
煙突は高温となるので火災が起こるリスクが高い部分。 
木材は150~200度で炭化現象が始まり、260度前後で可燃性のガスを噴出し引火しやすい状況になります。

木造住宅の場合は煙突と建物の断熱を特に気をつけないといけません。
ここでは煙突は2重管を使い、白い部分は不燃材を使い中空にすることで熱の伝達を遅らせてます。
別角度から見るとこんな感じです↓↓↓

120720-泉佐野_2.JPG
屋根上を見ると立派な煙突が出来上がってました。
1枚目の画像。奥に見える丸い部分は、この煙突の根元部分。屋根内に溜まった熱はすぐに放熱される仕組み。
120720-泉佐野_3.JPG
[関連するエントリー]
泉佐野の住宅

全速力!!

投稿者: マツナミ

120719-桜宮.jpg
[関連するエントリー]
桜の住宅

シゴトバCAMPUS vol.00 『The PRODUCT-DESIGNER』

投稿者: マツナミ

シゴトバBASEが発信するCommunication 『シゴトバCAMPUS vol.00 The PRODUCT-DESIGNER』を
7月26日(木) 18:00~ 堀江アルテ(北堀江1-18-17 モトバヤシビル7階)で開催します。 地図

【参加無料】


今回お呼びしたのは プロダクトデザイナー秋田 道夫さんと同じく南 政宏さん
トップデザイナーとして活躍中のおニ人にデザインを通して夢と希望を熱く語っていただきます。
また、講演の後はお二人も参加する交流会も準備。デザイナーを目指す若手には必見の内容です。


■ 秋田 道夫さん
120717-akita.jpg
1953年  大阪市生まれ
1977年  愛知県立芸術大学美術学部デザイン科工業デザイン専攻卒業
1977年~1988年 ケンウッド、ソニーでデザインを担当
1988年~ フリーランスのプロダクトデザイナーとして現在に至る

秋田道夫さんのブログ → infomation

[シゴト]
LED式信号機や六本木ヒルズのセキュリティーゲート、ICOCAチャージ機などの公共機器からデバイスタイルの一本用ワインセラーやコーヒーメーカーなど幅広く生活に関する製品をてがけている。


■ 南 政宏さん
120717-minami.jpg
1978年  大阪府生まれ
2003年  滋賀県立大学大学院環境科学研究科環境計画学専攻修士課程修了
2005年~滋賀県立大学人間文化学部生活文化学科生活デザイン専攻助手
2008年  Masahiro Minami Design 設立
2011年~滋賀県立大学人間文化学部生活デザイン学科助教

[シゴト]
プロダクトデザイン商品開発、パッケージデザイン、企業のブランド開発、空間デザインなどを手掛け、幅広いジャンルでのデザイン活動をしている。

南 政宏さんのブログ → Design note



タイムテーブル(予定)
18:30 ~ 18:50 秋田 道夫氏 講演
18:50 ~ 19:10 南 政宏氏 講演
19:15 ~ 19:45 秋田 道夫氏 × 南 政宏 対談
19:45 ~ 20:00 シゴトバBASE
20:00 ~ 21:00 両氏を交えて交流会(ドリンク付)

イベントチラシはコチラ↓↓
http://www.shigotoba-base.com/_userdata/flyer.pdf

ぜひ お越しください。

120712-BASE-logo.jpg



のきうら

投稿者: マツナミ

『泉佐野の住宅』では軒裏を杉板で仕上げています。 
完成部分が少しずつ見え始めてきました


120714-泉佐野.JPG
[関連するエントリー]
泉佐野の住宅

ワクワク♪

投稿者: マツナミ

『桜の住宅 』では工事がスタートしています。
今回も素晴らしい住宅が出来るように、いい現場監理をしたいと思います。

120713-桜ノ宮.JPG

シゴトバBASE

投稿者: マツナミ

新しいこと はじめます
120712-BASE-logo.jpg

今日の思い出

投稿者: マツナミ

もっと大きなアヒルと出合ったので記念撮影。  パチリ!

120711-アヒル.jpg

Mimesis Art Museum (ミメシス美術館)

投稿者: マツナミ

ソウルから地下鉄とバスを乗り継いで1時間弱  Paju(パジュ)に行ってきました。
目当てはAlvaro Siza (アルヴァロ・シザ)が設計したMimesis Art Museum (2009年完成)

北朝鮮が見える展望台があるパジュ市に企画・印刷・流通までの全工程を一箇所で行うことを目的に
1989年からここパジュブックシティが作られました。将来600社ほど集まる予定だそうです。
このブックシティにあるオープンブックス社のメインオフィスを兼ねた建物が今回の目的 『Mimesis』

120707-mimesis_1.JPG
この真ん中のくぼんだところがまたいいのです。自然と誘い込まれて行きます。

120707-mimesis_2.JPG
ソウルから遠いから、他に誰もいない^^

120707-mimesis_3.JPG
曲線と直線が高いレベルで調和した とても美しい彫刻作品の中に入ったような感覚
澱みのない気持ちいい空間を持つ建物でした。 写真ではこの良さ全然伝わりません。。
百聞は一見にしかず。 オススメです ☆☆☆☆☆

開館時間 9:00~18:00  月~木

詳しい建物の様子はコチラ↓↓
arcspace.com
Dezeen

[行き方]
地下鉄2号線または6号線 合井駅(Hapjeong)下車 
8番出口を出て横断歩道を渡らずに右に曲がったらある16番バス停で[2200番]のバスに乗車。
停車5mくらい手前から乗り口の扉が開いてます(笑) 急いで乗り込んで2100ウォンを払い30分ほど乗車。
ソウルのバスは、どこまで行っても初乗りと同じ値段なのでお得です。
車内での案内と表示がハングル語で日本から持っていったwifiルーターも圏外になるので
30分くらいしたらアナンスされる『ぱじゅ』って言葉に集中!聞こえてから3番目くらいが最寄のバス停です。
ソウルからだと1時間弱程度で到着します。


大きな地図で見る

[関連するサイト]

Dongdaemun Design Park & Plaza(東大門デザインパーク&プラザ)

投稿者: マツナミ

巨大なファッションビルと問屋市場が共存する東大門(ソウル)にあった東大門運動場(2009年閉鎖)の地に「東大門歴史文化公園」&「東大門デザインプラザ」が作られている。
この施設を設計したのがイラク出身の建築家ザハ・ハディド。 
当初の工事予算は210億円。おそらくもっといってる。

この東大門運動場は1925年 昭和天皇の結婚記念に日本政府が作ったそうです。

手前が「デザインプラザ」で奥の広場が「歴史文化公園」。 内臓みたい・・・と言ってはいけません。
120706-Zaha Hadid_1.JPG
2013年の3月に「東大門デザインプラザ」の一部がオープンする予定。
もともと2010年完成予定だったんですけどね。いろいろあったみたいです。
120706-Zaha Hadid_2.jpg
「東大門歴史文化公園」の方は完成していて開放されています。
・ デザインギャラリー
・ 東大門歴史館
・ 東大門運動場記念館
・ イベントホール&カフェ
全部で4つの建物がありました。
 
120706-Zaha Hadid_3.JPG
・ 東大門歴史館(外観)↓↓
120706-Zaha Hadid_4.JPG
・ 東大門歴史館(内部)↓↓
120706-Zaha Hadid_5.jpg・ イベントホール(外観) ↓↓
120706-Zaha Hadid_6.jpg
・ イベントホール(内部) ↓↓
120706-Zaha Hadid_7.JPG
ここはいい公園ですね。 
東大門という大都市の中心地に現れた広大な敷地。 
様々な活用方法が考えられる中 ショッピングモールなどの商業エリアを作るのではなく、
半分以上を公園としてすべての人に無料開放されたこの空間は完全に経済原理を無視している。
梅田北ヤードの跡地でもこんなのやってくれないかな。

ザハ・ハディドの建物は大きすぎる&工事中なのでよくわからなかった。
また完成したら見にこようと思う。

詳しい建物の情報はコチラ↓↓



大きな地図で見る


Ewha Womans University Campus Center(梨花女子大学キャンパスセンター)

投稿者: マツナミ

梨花女子大学キャンパスセンターに行ってきました。
女子大としては世界最大級の規模をもつミッション系の大学。

ここのキャンパスセンターが2008年5月作られた。設計はフランスの建築家ドミニクペロー氏
緩やかな谷のような外部空間をつくり、その両側にキャンパス機能をまとめ屋上を庭園化した。

ゴシック建築との構図はなかなかイイ!!
よくある「由緒ある建物と今風の建物の組み合わせ」にある違和感を感じない。↓↓
120705-梨花女子大学_1.JPG

傾斜する屋上とスロープの一番下で最大4層分の空間が出来てます。 
サッシのリブに鏡面のステンレスが使われているので景色が映りこみ、ファサードの表情を変えるだけでなく、この外部空間を歩く学生の一瞬を切り取り映し出してます。
120705-梨花女子大学_2.JPG

反対側から見るとこんな感じ。
ひな壇型になった階段とスロープの斜面がここに新たらしい居場所を作り出す。
120705-梨花女子大学_3.JPG

階段広場の下は全部吹き抜けで、両サイドの施設をうまく繋ぎ、
スロープを上手く使うことで、地下駐車場まで自然光が入る構成になってます。
(奥のガラス張りの向こうが駐車場)
120705-梨花女子大学_4.JPG

おまけ。 
案内板を見ると屋上が1階で他は全部地下という構成。
ということは、全部地下に埋まってることになってます。
120705-梨花女子大学_5.JPG

[行き方]
地下鉄2号線 梨大駅(Ewha Womans Univ.) 下車
3番または2番出口を出てまっすぐ北に向かうと大学の入口にたどり着く。 かなり楽に行ける
または
京義線 新村駅(Sinchon)下車 すぐ。


大きな地図で見る