[京都R]丸太町の住宅

丸太町の住宅(竣工写真)

投稿者: マツナミ

先日、竣工した「丸太町の住宅」の竣工写真が出来上がりました.

これは、築25年を経過したコンパクトマンションの一室をリノベーションした事例です。

(コンパクトマンションとは2・3人家族用で50㎡程度のマンションです)

この頃のマンションでは、梁や柱などの構造体が無頓着に空間へ出てきています。

まず初めにこれらの構造体を出来るだけ目立たなくするようにしました。

それが窓上に取り付けた吊戸棚であったりします。こうすることで空間がスッキリとした印象に変わってくるのです。

maruta28-1.jpg↑ 玄関からの眺め

木の優しい表情を空間の下にまとめ、安定感のある雰囲気としています.

そして、このテーブル、畳側に寄せると4人用の座卓として使え
写真の様に設置するとテーブル2人と座卓2人という使い方を考えました。

maruta28-2.jpg↑ 畳エリアからの眺め.

  

maruta28-3.jpg ↑ キッチンエリアから眺め

畳エリアの照明(ダウンライト)は壁を照らすように設置し、珪藻土の素材感を出しながら柔らかい雰囲気を出しました.

maruta28-4.jpg

 

↑ キッチンエリア

カウンター型の家具を作り、ここにオーブンや電子レンジ,ゴミ箱などが収納され、
座面の高いイス(カウンターチェア)を使うとテーブルとしても使えます.

 

↓解体前 

maruta28-5.jpg 空間構成としては、一つの大きな空間に畳エリアやダイニング・キッチンをまとめ、以前にあった廊下などのスペースを有効に使えるようにしました。そうすることで、以前より広い部屋が取れ、しかも収納力もUPしています。
つまり、空間の効率化を進めてるわけですね。

 

また、座生活となる畳エリアとそれぞれの場所で視線が合うように床を持ち上げたり、

前述しましたテーブルの配置仕方でフレキシブルな空間ができるようになっています。 

 

maruta28-6.jpg
 

ちょっとしたアイデアで劇的に空間が変化していく 「 リノベーション 」 

楽しい仕事をさせて頂きました。

 

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
[関連するエントリー]
竣工写真撮影(2008.08.14)
機器の取付(2008.07.30)
床貼り完了(2008.07.24)
解体が完了しました(2008.07.22)
納まり図(2008.07.19)

丸太町の住宅(写真撮影)

投稿者: マツナミ

先日、 「丸太町のリフォーム工事」 改め 「丸太町の住宅」の写真撮影をしきました。

 

marutamachi14-1.jpg現在、写真の選定と編集作業を行っています。

また、こちらでも紹介していこうと思いますので、もうしばらく お待ち下さい。

 

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
[関連するエントリー]
機器の取付(2008.07.30)
床貼り完(2008.07.24)
解体が完了しました(2008.07.22)
納まり図(2008.07.19)

丸太町の住宅(機器の取付)

投稿者: マツナミ

「 丸太町のリフォーム工事 」は完成間近

今日は、照明器具とカーテンブラインドの取り付け畳の搬入と手直し工事です

marutamachi30-1.jpgイメージどおりの空間が出来上がってます。

完成まであと少し。

 

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
[関連するエントリー]
床貼り完了(2008.07.24)
解体が完了しました(2008.07.22)
納まり図(2008.07.19)

丸太町の住宅(床貼り完了)

投稿者: マツナミ

「 丸太町のリフォーム工事 」です。

現場は着々と進んでいます。今日は床貼りが完了しました。

 

marutamachi24-1.jpg手間のかかる天井と床工事がほぼ終わりましたので、壁の工事が始まっています

壁が出来始めると、空間がイメージだけでなく体験できるようになってきます。

 

あと 2・3日で大工工事は完了予定。 その後 仕上げ工事が始まっていきます。

 

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
[関連するエントリー]
解体が完了しました(2008.07.22)
納まり図(2008.07.19)

解体が完了しました

投稿者: マツナミ

先週末から始まりました 丸太町のリフォーム工事で

解体がほぼ完了しましたので現場へ確認に行ってきました。

maruta22-1.jpgこの段階で図面どおり施工できるかの確認をし、図面に微調整をかけます。

ここでは、設備図面がなかったので、既存の設備配管がどのようになっているかも確認します。

 

この次は、床を張ったり、壁を作ったり、天井を作ったりと大工さんの工事が始まります。


[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
[関連するエントリー]
納まり図(2008.07.19)

納まり図

投稿者: マツナミ

京都 丸太町にあるマンションの1室でリフォーム工事が始まりました。   

 

maruta0721-1.jpg今回のリフォーム工事は規模が小さく、工事費の大半が人件費になるので、

効率のよい工事計画を立てることで費用を抑えることができます。

その為に、現場監督と工事前に各部分の納まり具合を図面でキッチリと打ち合わせしました。

画像はその時の図面。これが30枚くらいあります。 

 

月末の完成へ向けて 工事が進んでいきます。

 

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)