[兵庫]松が丘の住宅

松ヶ丘の住宅 on 中国建築装飾装修

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」が中国の雑誌 「中国建築装飾装修」に掲載されました。

なぜか「L 住宅」と名付けられてます。 

111219-中国.JPG
[関連するエントリー]

松ヶ丘の住宅 on チルチンびと

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」が 「チルチンびと 69号」で紹介されました。
今週は立て続けに出版物が届きました。
世界中から掲載依頼が来てます。 ありがたいお話です。

111008-chiruchin.jpg
[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

松浪光倫建築計画室 on UED

投稿者: マツナミ

中国のデザイン誌「URBAN ENVIRONMENT DESIGN」で紹介されました。
合計10ページにわたって特集されてます。 
中国語で書かれているので読めませんが、おそらく 『松浪くんカッコイイ!!』と書かれていると思います。。

111003-UED_1.jpg
111003-UED_2.jpg
[関連するエントリー]
片山集合住宅
松ヶ丘の住宅

開口部を考える2 : 見えない という気遣い。

投稿者: マツナミ

『松ヶ丘の住宅』の階段にある障子を取り付けた窓。
この障子を開けると・・・・ 真正面にお隣さんの窓があります。
窓が向かい合うと 見られてないかな? とか のぞいたと勘違いされないかな?と気になったりしますが
障子のように不透明なものを使うと、お互いの安心感にも繋がります。

天井面の明るさも 障子の効果ですね。

110609-matsugaoka.JPG

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅



開口部を考える1

投稿者: マツナミ

プランをつくるとき 「外から何をどれだけ取り入れる」 ということを考えています。

外部からは光、音、熱、風、香り、景色、コミュニケーションなど
暮らしに変化や影響を与えるいろいろなモノが入ってきます。
この中から どれを取り入れて、どれを遮断するか。
それによって開口部の目的をハッキリさせて、大きさと仕組み考えていきます。
ここにも設計の技術があると思います。

『松ヶ丘の住宅』 をみてみると
トップライトがあるところは小さなスペースなので、窓をつけて広がり感を出したいところです。
ここでは壁の向こうには隣家のベランダがあるので、垂直方向へ広がりを感じるトップライトにしました。 
そして、主役となる正面の開口部には、いくつもの仕組みを作っています。

110608-matsugaoka1.JPG網戸付きのガラリ戸は、日射のコントロール・防犯・通風と3つの機能を持たせてます。↓

110608-matsugaoka2.JPG建具を収納すると、外と室内が一体になった空間が出来上がります。 ↓

110608-matsugaoka3.jpg障子は光を拡散してくれるので部屋が明るくなり、さらに断熱性もさらに良くなります。 ↓

110608-matsugaoka4.JPG[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

ACTUS STYLE BOOK vol.8

投稿者: マツナミ

アクタスス・タイルブックが9年ぶりに復刊しました。

250ページのほとんどがセットを使わないロケ撮影。
時間とお金 かかってます!! でも1冊500円。  ご購入はコチラ
法隆寺の住宅』と『松ヶ丘の住宅』が載ってます。

110406-ACTUS.jpg販売用とは違う特別な表紙をつけたスタイルブックが届きました。

[関連するサイト]
ACTUS(アクタス)
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室

[関連するエントリー]
法隆寺の住宅
松ヶ丘の住宅

もう春ですね

投稿者: マツナミ

昨年末に出来上がった 『松ヶ丘の住宅』 も3ヶ月が過ぎたので 点検に行くと
玄関ポーチの影が綺麗だったので ぱちり!!

110328-松ヶ丘の住宅.jpgいろいろな部分が馴染んでくることで さらに雰囲気が出始めてきました。
 

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

コートかけ。

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」のお施主さんから 「お客さんの服を掛けるところを作りたい」 
という相談があったので、 ナラ材でコートかけを作りました。

110210-松ヶ丘.jpg
壁が珪藻土なのでハンガーの先が直接当たらないように、引っ掛ける溝を作っています。

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

撮影スタッフはみんな社員です。

投稿者: マツナミ

ACTUS(アクタス)が9年ぶりに復活させる スタイルブックの撮影が 『松ヶ丘の住宅』でありました。

ACTUSスタイルブックといえば・・・・ 大学生の頃に人気があった懐かしい本。
それに参加するという  当時 思いもしなかったことが実現してます!! 

撮影はいい天気の中 子役さんも登場して ゆる~い雰囲気で進んでいきました。

スタイルブックは来春 発行予定です。

101216-ACTUS撮影.jpg『松ヶ丘の住宅』はもうすぐ竣工 そして 引渡しです。

[関連するサイト]
ACTUSスタイルブック
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

いい家です。

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」は 竣工間近。

101210-松ヶ丘.jpg

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

ハイクオリティ玄関。

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」では内部では器具の取付け、外部では造園の工事が始まりました。 

101207-松ヶ丘の住宅.jpg造園は図面でニュアンスを伝えるのが難しいのと、職人の感覚に頼るところが大きいので
いつも一緒に仕事をしている造園屋さんに今回も来てもらってます。

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

時間は待ってくれません。

投稿者: マツナミ

『松が丘の住宅』は外壁の工事が終わったので足場を外しましたが、外観はまだナイショ。

101130-松ヶ丘.jpg内部は仕上げ工事の最終段階。
この後 外構工事や造園工事。 品質検査と完了検査。 写真撮影と取材
引渡しまで まだまだやることがいっぱいです!!

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

全力疾走!!

投稿者: マツナミ

『松ヶ丘の住宅』は大工工事が無事終わり、仕上げのラストスパートが始まってます。


木製建具の取付&調整中。 
101120-松ヶ丘2.jpg
珪藻土の下塗りが始まりました。
職人さんが1面ずつ丁寧に塗り上げていきます。

101120-松ヶ丘.jpg
[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅


ピッカピカ!!

投稿者: マツナミ

『松ヶ丘の住宅』では 外部ルーバーの取付けが始まってます。
この部材は ルーバーを取り付ける下地。  
ルーバーは風が通り抜けそうだけど、結構 風圧がかかるので、下地をしっかりしとかないとあぶない。
風圧力を計算して・・そこから必要な部材を計算して・・・  この部材が出来上がりました。
サビないように亜鉛メッキをしてるから銀色に光ってます。

101110-松ヶ丘.jpg
[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

インフルエンザに注意!!

投稿者: マツナミ

『松ヶ丘の住宅』では、棟梁がインフルエンザにかかったので 工事が10日ほど止まってました。。

新しいもの好きの棟梁は流行も先取りしました(笑)

101028-松ヶ丘.jpg竣工へ向けて 工事は少しスピードアップして進んでいきます。


[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

ここがポイント。

投稿者: マツナミ

『 松ヶ丘の住宅 』 では、内装工事が進んでいます。
ずいぶんと部屋の形が見えてきました。 
設計段階で悩んでた箇所や計算しにくい光の反射具合などを確認&微調整しながら
イメージどおりの空間が出来上がってきています。  

101015-松ヶ丘.JPG
この窓には、うちの定番(笑) 引き込みの木製サッシがつきます。

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

屋根通気&フラット35S

投稿者: マツナミ


010930-松ヶ丘_2.jpg
010930-松ヶ丘_1.jpg
「松ヶ丘の住宅」では2階に居間を作り、屋根形状に合わせて天井を高くしているので屋根裏空間が少ないですが、屋根に『外断熱 + 通気』を設定することで、屋根からの熱の伝達を最小限に抑えています。

これは屋根から伝わってくる熱を、通気層で受けて棟から排出する方式。
天井裏に熱が伝わりにくいので室内の空気環境が良くなります。
コストは垂木や合板(野地板)や防水シートが2重になるので かなり上がりますが、
全体のコストバランスを考えながら予算内に納まるように設計しています。

また、この住宅はフラット35S(省エネ)の基準で設計しているので、断熱性能がかなり高くなっています。
例えば屋根の断熱材に使ったネオマフォームはグラスウール16Kと比べると約2.25倍の性能!!
フラット35Sは当初10年の年率が1.0%下げられるのでお得です!! (H23.12.30まで) (H23.09.30まで)
詳しくはコチラ → 住宅金融支援機構

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店(施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

模型は やっぱり大きいほうがイイ!!

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」の工事は順調に進んでます。

そろそろ 内装をいろいろ決める段階になってきましたが、
現場はまだボードも貼られていない下地全開で設備配線をしています。
この状態で仕上げの色をどうしますか??? って聞いてもイメージがしにくい。
だからといって、図面から空間を立体的にイメージするのは、ほとんどの方が苦手。

というわけで、少しでもイメージの手助けになればと思い 最近は1/30のスケールの模型を作ってます。
「松ヶ丘の住宅」では高さは25cmくらいになりました。 内部もバッチリ作ってあります(^^)ⅴ

松ヶ丘の住宅-010908.jpg
この模型を使いながら、打ち合わせは進んでいきます。

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

いやさか~♪

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」で上棟式がありました。
天気は良すぎるやろ!!っていうくらいの快晴。。
上棟式 晴れ率100% 続行中♪

100827-上棟式.jpg      ↑  棟梁のアグリさんです。

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

構造検査。

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」では、金物や体力壁の設置が終わったので 検査に行ってきました。

そして、設計時に考えてた眺望もバッチリ確保できそうです!!

100825-松ヶ丘の住宅.jpg
[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

建方(たてかた)

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」では 建方がありました。

旗竿状敷地は搬入口が広くないので、ラフターを止めるといっぱいになります。
なので、ちょっと大変。

予定時間を大幅に超えましたが、無事 建ち上がりました。

100731-松ヶ丘の住宅.jpg
[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

プレカット図。

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」は ただいま 基礎工事中。
その間、軸組みのプレカット図のチェックしています。
組立て手順を考えながら継手方法を選び、設備配管ルートの再確認をして、
梁の架け方を調整したりしてます。


100721-松ヶ丘の住宅.jpg
今月末 建て方予定です。


[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

かっちかちやで!!

投稿者: マツナミ

『松ヶ丘の住宅』 の配筋検査に行ってきました。
基礎配筋はシングルを採用。 というのは 
このあたりは山を切り開いて開発された宅地なので、場所によって地質がバラバラ。
表層は硬いけど、その下は軟弱 なんてことも。。 
費用はかかりますが、ちゃんと土が採取できるボーリング調査をしました。
地盤調査の結果 50㎝下には 調査不能になるくらいの硬い岩盤!!
木造住宅であれば不同沈下は まず起こらないことがわかりました。 

100714-松ヶ丘.jpg[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

確認申請&フラット35Sの設計検査。

投稿者: マツナミ

『松ヶ丘の住宅』の確認申請とフラット35Sの許可が下りました。

フラット35S(省エネ性)の手続きはイロイロありました。

省エネタイプの申請を受けたのが初めてだったそうです。。
断熱材の熱貫流抵抗を計算したり、サッシの断熱性を計算したりと申請書の作成が難しいので、
避けてるのかもしれません。
さらに今回も木製サッシを使っているのですが、申請書で木製サッシを初めてみたそうです。
これはしょうがない。
サッシの種類は防火制限がないと書きませんし、木製サッシは一般的に許可されないので書きません。
省エネタイプの申請が初めてというのは驚きましたが(笑)

建物は仕様書にそって設計してるので問題は無いのですが、
検査機関側では初めての審査だったので東京本社や関係機関に問い合せたりと大変だったみたいです。
こちらにも、指摘というより 問合せ的な感じが何度もありました。

そんなこんなで、通常より日数がかかりましたが 無事が無事に下りました。

110620-フラット35S.jpg

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

地鎮祭です。

投稿者: マツナミ

今年に入ってから設計を進めてきました「松ヶ丘の住宅」は 施工業者も決まり 地鎮祭となりました。

松ヶ丘の住宅-100608.jpg
祭事はいつもどおり 祝詞奏上・四方祓・地鎮・玉串奠などなど 滞りなく進みました。

そして、 着工です!!

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)
市川工務店 (施工)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

フラット35Sで設計する。

投稿者: マツナミ

『松ヶ丘の住宅』は建主さんの希望でフラット35Sを申込みます。
いまは当初10年間の金利を1%下げてくれるのでメリットがあります。 

「フラット35S」は「フラット35」の技術基準に
4つのテーマ(「省エネ性」「耐震性」「バリアフリー性」「耐久性」)
このどれか1つの基準をクリアーすれば大丈夫。

この中で「省エネ性」だけが 住宅エコポイント(30万ポイント)の申請ができます。

ということで 今回 フラット35S(省エネ)で設計します!

そしてエコポイントもGET!します(笑)

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

住宅模型製作中。。

投稿者: マツナミ

先日 作った敷地模型に引き続き 住宅の模型(S1/100)も作っています。
これは、川西市で計画中の住宅。 ずらーっと並べてみました!!

松ヶ丘-100216.jpg
計画地が旗ざお状敷地なので、4方を隣家に囲まれるので「距離感と抜け」をどう確保するか
敷地模型に住宅模型を合わせて検討を進めています。
[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

敷地の模型製作中。。

投稿者: マツナミ

「松ヶ丘の住宅」の敷地は、4方を住宅に囲まれた「旗ざお型」。
隣地が下がっているので、住宅の配置と高さ関係がわかるように敷地の周辺模型を作っています。

松ヶ丘の住宅-100130.jpg模型を作る目的のひとつは、敷地とその周辺を立体的に理解すること!!
隣地の住宅や新しく建てる住宅からの影の影響や、各階の窓から見える景色の予想など
この敷地が持つ力がわかります。

[関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)

[関連するエントリー]
松ヶ丘の住宅

敷地調査。

投稿者: マツナミ

新しい仕事の依頼があり、川西市へ敷地を見に行く。
閑静な住宅地。3方が住宅に囲まれたどこにでもある光景。
ちょっと違うのが、東側の敷地が2mちょっと低いこと。
松ヶ丘の住宅091214.jpg 今回の敷地は、事務所初の旗竿状敷地。 敷地調査で大切なことは過去の記事にも書いていますが、
設計者としてその敷地が持つ力を読み取り、その力の可能性を最大限引き出すことを考えたい。(* ̄0 ̄)/ オゥ!! [関連するサイト]
一級建築士事務所 松浪光倫建築計画室(設計監理)

[関連するエントリー]
いい土地探し:将来はどう変わる?