松浪光倫建築計画室

固定資産税 【建物】

建物にかかる固定資産税について書いてみようと思います。 (土地の固定資産税はコチラ →固定資産税

固定資産税は、土地と建物にかかってくる市町村税。
毎年1月1日時点での所有者が納付します。
納付方法は4回に分けて、もしくは一括払いとなってます。

建物の固定資産税は建物評価額をもとに算出されます。
この評価額は、『再建築費用』 × 『年数の経過』で算出されます
新築のときは、完成してしばらく経つと役所の担当者がやってきて評価額を決めます。

つまり、
建物が計画中や工事中では評価額がまだ決まってませんので、確な税額を計算することはできません。
ですが、法務局ごとに決められた 「新築建物価格認定基準表(大阪)」に面積をかけると目安がわかります。

固定資産税の計算方法は
建物の評価額 × 1.4%
 以下の条件を満たすと120㎡までの部分の固定資産税が3年間 1/2に軽減されます。
 3階建ての耐火・準耐火建築と長期良住宅では5年間。
    ・ 店舗併用住宅の場合は居住部分が全体の1/2以上
    ・ 床面積が50㎡以上280㎡以下

例) 大阪で130㎡の木造2階建の住宅なら 固定資産税の目安は6.6万円(3年間)になります。
   (67000円 × 120㎡ × 1.4%) × 1/2 + (67000円 × 10㎡ ×1.4%)= 65,660円

軽減期間が過ぎると元通りの税率になりますが、評価額が下がっているので単純に2倍にはなりませんが、

確実に数万円はUPしますので、資金計画にちゃんと入れときましょう。
税金に関するご相談も こちらへどうぞ → メール
[関連するエントリー]
固定資産税 【土地】
都市計画税 【土地】