松浪光倫建築計画室

敷地更正(境界確定)

敷地更正が完了しました。

「泉佐野の住宅」の計画地は800坪以上ある敷地の一部。
前回も書きましたが、住宅用地の固定資産税は住宅面積の10倍までは減額されますが、
今回80坪以上の住宅は計画してません。となると、減税を十分受けることが出来ないし、
この敷地面積では住宅ローンの担保としては過剰になってしまいます。

そこで、過剰担保を避け、納税額を抑えられるように敷地を分割する(分筆といいます)ことにしました。
昔は分筆線を設定すればOKでしたが、いまは分割前の敷地の境界と面積を確定(敷地更正)してから分筆作業になります。

境界確定の作業は本当に大変。
敷地に接している所有者と立ち会って境界を決めていくのですが、はい!どーぞ♪とは
なかなかいきません。今回は水路があったり里道があったりと難易度UPです!!
いつもお願いしている酒井測量登記事務所さん頑張っていただきました。
終ってみれば6ヶ月かかってました。  この後、分筆作業に入ります。。

120302-泉佐野.JPG[関連するエントリー]
泉佐野の住宅